Heavy Duty

一緒に考えましょう。

固定化されたランクと思考

人間は全員、どこかで生まれてどこかで育ち、どこかで大人になって、どこかで生きていく。

生まれ育った環境は、その後の人生に大きく影響する。

金銭的に余裕があったのかどうか。

文化的なものに触れる機会のある環境だったのかどうか。

両親ともに健康だったのかどうか。

特に両親というのは、子供に圧倒的な影響を与える。

 

規範や倫理観、考え方や価値観の方向性について、もはや子供は、親のコピーであると言ってよい。

そしてこれは本人にとって、自分で学び選択したものではないということになる。

 

私は、幼少期の記憶が薄い。

最近思い至ったのだが、これは、自分で自分を選択していなかったことによる弊害なのではないか、と思う。

他人に従って自分を規定する行為は、命令を受信して実行するだけであり、つまりは自分自身の思考が伴わない。

自分で思考しないということは、いわゆる思考停止であり、それは内側にも外側にも向かわない、ただ流れるだけの時間である。

 

話を戻すが、知らず知らずのうちに刷り込まれたものは、そのままその人の人生に影響を与える。

そしてそれが顕著に表れる例が、普通思考である。

普通は、なにかを勉強するときはテキストを読み込んで進める。

普通は、失敗するリスクがあるものには手を出さない。

普通は、勉強することに価値があるものだ。

しかしこれらは、間違いだ。

テキストを読み込んでも現場を勉強したことにはならないし、リスクをとらなければ成功できないし、価値があるのは勉強ではなく成果である。

このように刷り込まれたものが誤りである場合、その誤りは次の世代まで引き継がれる。

誤りは誤りを再生産する。

それは、人間が目指すべき方向性ではないように思う。